窯出し(36回目)   

器 ...    2019/12/24(火)掲載
    窯出し(36回目)
    12月23日、娘の誕生日に合わせて焼いた窯の窯出し。
    プレゼント用の四方皿
    21cmサイズは流れた釉薬を削る際に一部高台が欠け、17cmサイズは高台部の成形がまずかったのか形を支えられず3枚とも同じように四隅が反り返る。一番小さい13cmサイズはなんとか6枚全てが合格点というところ。

    タタラ作りの四方皿は、なるべく軽くしたいので、薄い板にして成形しているけれど、薄くなればなるほど変形のリスクも大きくなり、薄さをとるか、歪みの少なさをとるかかなり悩ましい。

    13cmサイズは厚さ5mmでほぼ安定。
    17cmサイズは今回5mmで作ったものが素焼き時点では問題なかったけれど、本焼きで大きく反ってしまった。次回は高台部の形状改善と板の厚さも変えながら比較してみたい。
    21cmサイズは今回型の修正をしていた結果、1枚しか焼かなかったものがうまくいってくれて、まずはこのまま進めてみたい。

    今回乾燥が間に合わず、素焼きできなかった24cmサイズと合わせて、17cmサイズを作り直して年明け春の窯で焼成したいと思います。
    Sponsored link


    This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
    It will return to non-display when content update is done.
    Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

    COMMENT FORM

    以下のフォームからコメントを投稿してください